2010年 01月 21日
命の水(その1)
「命の水」ってゲール語でウヰスキーの意味でしたっけ・・

当地では飲み水きわめて重要です。
身体を洗うための水も重要です。
ボクにとっては酒も重要です。

で、当家では大きなカメに入れた水を杓って身体を洗います。
自分がどれくらいの水量を消費したか、よく判ります。

シャンプーとかの洗浄剤ももちろん使います。

これは身体用のね、これはアタマ用ね、
と家人が新しく調達してきた新製品の説明を受けてはいたのですが、・・・、

身体用のは正解だったのですが、アタマ用のを間違ってました。

女性器専用の何かだったらしいです。

泡立ち悪くて界面活性剤の感じしないし、おかしいなとは思ってたんですよ。
何日かたって、頭とか、なんか臭いよと言われて、現場検証の結果はんめい。

d0088392_23462372.jpg

この前、水道を引いたので、ポンプ一台を増設。

まだ、ボク、配管とかバルブの構成、理解できてないんっすよ、おくさん・・
[PR]

by lagavu | 2010-01-21 23:49


<< 「小指と思い出」の続き      初雨 >>