2010年 01月 15日
Scanner テスト
d0088392_20314692.jpg


ネタは末っ子が持ち帰ってきた英語のテスト。
penとpencil惜しかったネ・・

にしても、最後の文字並べ替えの問題:

1. pperul → purple
2. nargpe →
3. elyolw → yellow
4. bklac → black

全て「色」のようなのですが、2番にはボクも頭かかえました。

"P"が"o"なら"orange"だよね。

先生、自信もってペケにしてるし・・

正解おせ~て下されっ!

つ~か、ときどきボクが末っ子の英語の先生になったりするのだが、
ボクの発音、真似されたくないのだよ、ジツは。

かんっぺきなジャングリッシュが伝染っちゃうっつ~の・・

ゴメン
[PR]

# by lagavu | 2010-01-15 20:47
2010年 01月 14日
Cần Thơ ビール
ベトナム語を表記できるか、タイトルでテスト。

当地で初めて飲みました、Cần Thơ ビール。
d0088392_20194924.jpg

え~と、冷えてりゃなんでもい~ヨ、ってクチなので、味についてはコメントなし。

いつだか買い物にカントー行ったときの昼食。
店名わすれたが、ホ~おじさんのこの像の真ん前の店。
d0088392_2023488.jpg

d0088392_20244956.jpg

お味? ツマミになりゃド~でもい~ヨ、ってクチなので、おるそーコメントなし。

鶏、烏賊と野菜の炒め物、豚ソテー飯、カニ豚玉スープ、ビール2本だか3本。

お勘定っ!
のあと、恒例の値段当て。

幾らだ? と家人。
う~ん、190千。

で、紙切れ見ると、189千ドン(千円弱)。

あいかわらず冴えてます、ボク。

目下、47勝3敗くらい・・
[PR]

# by lagavu | 2010-01-14 20:41
2010年 01月 12日
Hoan Myメコン病院
お腹もだいぶ出てきて苦しそうではあるのですが、
またCanThoの病院までバイク横っケツ2人乗りで行ってきました。

今回は町医者じゃなくて大きな病院。
d0088392_19501367.jpg
d0088392_19504024.jpg

まるアール(レジスタード・トレードマーク?)やらTM付いてますから、私立病院ですかね、
Hoan My Cuu Long病院。

なかなか綺麗です。
d0088392_19524815.jpg

ホテルみたいに各国の時間を表示している数個の時計が並んでいたりします。
d0088392_19541025.jpg

時計のとこの前で初診のお客様は血圧とか体重などを測ってもらいます。

40キロあるかないかだったのが現在55キロとのこと。
60キロくらいあるかと思っていたのですが、ま、妥当な線っすかね・・

d0088392_19564647.jpg

婦人科あたりに貼ってあったの撮っちゃいましたが、
最後の診療時間が7時から19時半、日曜は7時から12時までくらいしかジツは判りません、ボク・・
d0088392_2021436.jpg

裏庭からはカントー橋が見えます。
カントー橋に繋がるはずの国道の本道だかバイパスはまだ工事中なので、開通はしばらく先かな。

まわりは高級マンションやらやら建設ラッシュの模様。
目の前にはHAGL関係と思われるビルも。
d0088392_2043064.jpg

病院建屋にはスーパーもありました。
d0088392_2051867.jpg

d0088392_2061632.jpg

にしても、ファミラー・マートっすか?

食事・喫茶もできるようだったのですが、ローカルに慣れすぎている我々、正門前の屋台で一服。
d0088392_2071614.jpg

帰りにカントー市街に寄って我が家の近所には無さそ~なものをと物色したのですが、
目新しいものもなく、干物とブタのホルモンその他をゲットで昼前に帰宅。
d0088392_20101217.jpg

あ、市場では商談決まってから写真撮影、これ豆知識。

家人、娘を欲しがっていて、ダナンの病院で早い段階から女子だと推定してもらってはいたのですが、
腹が出てくるに従って、回りの人間から「その腹の出方は男の子で間違いない」と言われ続けており、
お墨付きが欲しい模様。

い~じゃん、生まれりゃ判るんだからサ・・
[PR]

# by lagavu | 2010-01-12 20:21
2010年 01月 11日
動画テスト
昨日だか一昨日だか、家族の殆どがお寺に行っちゃって残った3名(主演2名、撮影1名)の動画。

うまくアップできるかな? ようつべ

あ、音でるから、シゴトちうのヒトとか注意してねん。



義父母いないんで、かな~りヨッパ・・
[PR]

# by lagavu | 2010-01-11 23:22
2010年 01月 10日
翻訳支援ツール(その2)
趣味の一環として英語の特許文献を良く読んでます。

米国や欧州の特許庁で公開されているのでネタには困りません。

人様が作成した文章から誤訳とか迷文を探すのが密かな楽しみになっていたりします。

例えばこんな感じ。

特許の明細書では、権利を狭く解釈されることを極度に嫌うので、よく、
「特に限定されないが、~は~であることがのぞましい。」
などという言い回しが好んで使われます。

英語だと
Although not particularly limited, .....
となります。

it is particularly limitedで検索してみると・・

これが正しく使われている場面もあるので精度は悪いですが、
ど~見てもnotが抜けてるダロってのがあります。

英語ネイティブのでもけっこ~ありまっせ。
例えばこれ。respectfully

「AはPに対応し、BはQに対応する」というのをちょっと気取って
「A及びBはそれぞれP及びQに対応する」と表現することがあります。

この「それぞれ」というのはrespectivelyが適切なのですが、何故かrespectfully(謹んで・・)に。

ま、これは、例えば米国だと、お上である行政組織にいろいろな書面を出すときに、
「・・を謹んで提出いたします(respectfully submit...)」
などと良く使われる単語で、しかも弁護士にはたいてい秘書さんが居られて、
場合によっては口述筆記などなされているという背景によるものでしょう。

面白かったのはこれ、grass fiber

く、く、草ファイバーっすか? ガラスファイバーじゃなくて・・

でも、まさに草ファイバーっていう意味で使われている1800年代の特許が見つかったりして楽しめます。


さて、本日のボクの翻訳支援ツール(その2)。
d0088392_19482027.jpg

米でできた麺であるところのブン。

小腹がすいたときの最適ツール。

出前もしてくれます。但し出前持ちは我が家の舎弟ですが・・

ダナンでもブンは良く食べていたのですが、違う点は、野菜が最初から麺の下に隠れていたりします。

ボクは熱々が好きなので、ブン、野菜と肉をドンブリに入れたあと、スープに2回ほど浸してもらってます。

ここのはニンニクがちょっときいたアッサリ味で、味のしみた大根とニンジンも入っててウマいです。

61号線を下って12月21日にアップした写真の左手、
お店発見度、ちょ~簡単っ!

探すのは簡単だケド、来るのは大変ってか・・

一杯10千ドン。
[PR]

# by lagavu | 2010-01-10 20:01
2010年 01月 09日
翻訳支援ツール(その1)
翻訳者のフォーラムとか2ちゃんねるの雑談スレ、ときどき覗いたり書き込んだりしてます。

いまどき、辞書系、メモリー系とさまざまな支援ツールが提供されているようです。

ボクがこの手の作業をするときには、簡単。

与えられた例えば日本語のワードファイルを上から順番に対象言語に訳していって、
済んだトコは消していきます。
抜けを防ぐには効果的かと考えています。

それでも、おそらく昔に比べたら、かな~り恵まれているのかな、とも思います。

先人たちは、大きな辞書を股にひろげながら、調べたいことがあれば、図書館とか、
あるいは論文を調べたければ、それこそ大変な手間をかけながらの作業だったと想像されます。

いまではネットを介して、こんな表現あり?
とか、判らないことがあれば、ちゃちゃっと検索できます。

い~時代に生きてるという実感。


さて、ボクの翻訳支援ツール(その1)は、サトウキビ・ジュース(nuoc mia)。
d0088392_23101699.jpg

甘くて冷た~いものが飲みたいときに最適。

各々の表面には溝が形成され互いに反対方向に回転するロール対の推定8ミリの間隙に、
サトウキビを何本かまとめて通過させて、絞り汁をあつめて、クラッシュド・アイスとともに供されます。

ビールに飽きたときとか、コーヒー飲みたくないケド、なんか欲しいな、って時に重宝します。

我が家の左隣は2軒ともカフェ、右隣は金屋(装飾品店兼両替屋)、その隣のカフェでこれが飲めます。

ダナンでは概ね3,000ドンでしたが、そこは2,000ドン(10円)。

たまたま、サトウキビを売りに来ていたヒトが居たので記念撮影。
d0088392_23192033.jpg

これの茶色い皮を剥いでから前述のプロセスに供します。

いつもごちそ~サマです♪
[PR]

# by lagavu | 2010-01-09 23:23
2010年 01月 08日
遠方の友より
遠方の友より待ちに待ったメールが来ました。
のですが、役者不足の感ありて・・・・・、未確定、
と、つぶやいてみるの巻。

つぶやきと言えば、正月だったか、鳩山首相がブログとかTwitterを始められたという記事を見まして、
そのツイッターのサイトから登録してみましたTwitter

なんか、自動的に彼のとこをfollowしちゃったみたいで、首相とのホットライン状態・・

あ、ボク的には、別につぶやかないと思いますので、念のため。

d0088392_232942.jpg
d0088392_2323197.jpg

[PR]

# by lagavu | 2010-01-08 23:05
2010年 01月 07日
小指と思い出
昨晩は弟たちとhttp://maps.google.com/で盛り上がってました。
ベトナムの61号線を下ってみたり、東京の様子を覗いてみたり。

大田区のとある住宅街にある母親と弟が住んでいるはずの家の近くを拡大していくと、
際限なく大きくなっていきまして、路地の様子まで。

いまにも隣のタナカさんやヨシダさんが窓から顔を出してきそ~なほど。

これにはボクもビックリしましたが、弟たちもかな~りブッタまげた様子。
HauGiangのはずれの我が家の近くは家の見分けがつかないほどの衛星写真のみ。

で、今朝になって家人、リアルタイムで見られるカメラが町中にあると思ったのか、
今日はお母さんの家は見ないの?

ん? あれは写真だから何年も同じ画像だって。
つ~か、そんなカメラが町中にあったら、それこそ怖いっつ~の・・

d0088392_16361682.jpg

写真はやんちゃ坊主が先生に立たされているところ、
ではなく、今朝、弟1号に付き添ってバイクで10分ほどの診療所に行ったときのもの。
d0088392_16402575.jpg

弟、小指が痛く、先般X線写真を撮ってもらって判ったそうだが、
左手小指の先に小さな金属片が埋まっていたらしい。
作業中に棘みたいに入ったのが奥に行ってしまった模様。
X線写真お~流行りです。
d0088392_173658.jpg

で、女医先生に処方箋みたいの書いてもらっているので、薬飲むだけ?
とか思って見ていたら、薬局から注射器とか脱脂綿などまで渡されまして、
診療室に戻って局部麻酔してメスで切り込んで摘出・・
d0088392_1752271.jpg

次の患者さんも待ちついでに覗いてるし・・

メスは先っぽの刃の部分だけ交換できるようになっていて、施術後は刃だけ廃棄。
d0088392_1771371.jpg

医療廃棄物の行方? 見なかったコトにします・・


10年ほど前、東京で暮らしていたころ、元カノが麹町で働いていたので、一緒に地下鉄の駅を降りて、
赤坂にあるオフィスまで歩いて通っていた時期がありました。

ある冬の朝、弁慶橋の近くで今日は何度かなぁ?
などとビルの上の方に電光掲示されている温度計を見上げながら歩いていたところ、
歩道の縁にケつまづきまして首に衝撃が。

勿論、経済的に首が回らなかったのはご存知の方も多いかとはおもいますが、
文字通り、肉体的に首が回らなくなってしまいまして赤坂病院へ。

ぎっくり腰みたいなもんでしょ、との所見だったのですが、
X線撮影で何やら左頚動脈の脇あたりに細長い影が。

先生;針治療とかされたコトありますか?

 ボク;健康がとりえのこの身体、針なんて一度もありませんデス。

先生;でも、ド~見ても針とか針金みたいなものが写ってるんですよねえ・・

 ボク;あああああぁぁ、思い当たることが一つだけあります。

それから遡ること更に20年ほど前、技術屋だった頃、とある補強材として鋼線を扱っていたことがありました。
直径5ミリくらいの線材を仕入れまして、伸線していって1ミリ弱になったところで銅系合金をメッキする工程を開発ちうで、
そのメッキの成分を調べるのにある程度の長さが必要で、
いちいちプチプチ切ってゆくのも大変なもんで、
コイル状に巻きつけて試験管に入れることにしたんですわ。

で、試しにやってたところ、バネ状に縮んだ鋼線の端が跳ねまして、喉にぶつかり、
ちょっと血がにじむ程度で気にはならず。
喉の正面の皮膚の下にブツっとなにか気にはなったものの、筋でも腫れたのだろ~と。
しばらくしたら、それも無くなっていて忘却のかなたへ。

それが20年経て、頚動脈の脇に寄り添うように居場所を確保していたらしい、
つ~ことで、気持ち悪いので紹介状を書いてもらって新橋の慈恵医大へ。

1週間くらい時間とれるときに、ということで日時を決めて脳外科に入院して取ってもらったことがありました。
出てきたのはまさにそれ。錆びているものの、みごとな黄金色のメッキも残っていました。

歩道でケつまづかなかったらそのままで何かの拍子に頚動脈に、なんて考えただけでもぞっとします。

長ったらしく書いちまいましたが、サスガにその時はご先祖様が見守ってくれてるのだなぁ
生かしてくれているのだなぁ
などと謙虚な気持ちになったものです。

つ~ことで薬局係のおネ~さん、2連発。
d0088392_174636.jpg
d0088392_17462229.jpg

今度、もしボクが具合悪くなったら、かならずこの診療所に来ますから・・

おっと、薬局支払い70千ドン(350円)。
女医さんの診察・施術費用、ド~なってんだろ。
公的施設で給料に含まれるのかな・・
[PR]

# by lagavu | 2010-01-07 17:56
2010年 01月 06日
Hau Giangの省都Vi Thanh
週明けの月曜、ちょっとヤボ用で省都であるViThanhまで行ってきました。

我らがHauGiang省は2004年にできた新しい省だそうです。
それまではCanTho省に含まれていましたが、同年にCanThoが中央直轄市になったのに伴い、
それ以外の部分がHauGiang省になったとのこと。

DaNangが中央直轄市になって残ったQuangNam省みたいなもん?

で、ViThanhは、我が家からCanThoに向かうのと反対側に61号線を下って行きます。
CanThoよりちょっと遠いかな。
つまり、我が家はCanThoにも属せず、省都ViThanからは遠い過疎地ということになるのかも。
d0088392_20303368.jpg
d0088392_2030485.jpg
d0088392_20322631.jpg

ThiXa(「市」の意かな)になって10周年のようです。
さすが農業の省、米祭りみたいなのが昨年の11月から12月にかけてあった模様。
少し調べてみたら、その公式だか非公式だか判りませんがウエブサイトがヒットしました。
動画などあって、面白そうなので後学のために貼っておきます。
http://www.rice-festival.com/home.html
大規模な開発計画もあるようです。
d0088392_20385268.jpg

護岸が立派な水路だか運河。
d0088392_2041574.jpg

左に見えます平屋建てが、Immigration Officeです。目印を含めてほぼ自分のための記録。
d0088392_2219374.jpg

すんません、HauGiangには日本人、何人くらいいます?
制服の推定年齢25歳女性、そ~いう質問には答えられません、つ~な笑顔。
お固いっすねぇ・・
d0088392_22232214.jpg

まで入れて、酒のんでメシ喰ったあと、
maps.google.comで、ここ何処、あそこ何処で、若い衆でひとしきり盛り上がっちゃったので、
本日はここまで・・
[PR]

# by lagavu | 2010-01-06 23:23
2010年 01月 05日
ランボー様、御用達。
とある朝、若者が金属の棒を持って店に。

弟2号が旋盤を使ってネジを切りはじめました。
d0088392_2054913.jpg

あ~、当店、男衆(ボクを除く。)は溶接その他の金属加工は一通りこなします。
旋盤・ボール盤・自家発電機・溶接機・・と揃ってます。
弟1号、2号ともオヤジ殿に仕込まれました。
いまでも、プラグを抜かずに電動ドリルの刃でも取り替えていよ~ものなら、
オヤジ殿から一言「電気っ!」と怒鳴られていたりします。
d0088392_20103555.jpg

30年前に金属棟の並びにあった機械棟の研究室より整理整頓されてるかも。

テントの支柱でも頼まれたのかな?
にしては、ネジ丁寧に切ってるしな・・
d0088392_20175955.jpg


かつては向こう岸、いまは地続きとなったオジキ(製材所とは別のネ)の自宅兼作業場に運び込まれました。
d0088392_20172198.jpg

見てお解かりの通り、船外機こしらえています。

当地ではバイクと並んでボートが重要な交通手段です。
こんな感じ。
d0088392_20245249.jpg
d0088392_20251744.jpg

かなり大型なボートまでもが船外機。
ランボー4だかに出てたみたいなやつ。
メンテナンス容易、駆動・操舵系のトータルの構造が簡単という理由は思いつきますが、
それ以外にも、係留中に船外機を外して家の中に保管できるので、
盗難防止の面からも望ましいのかも。

お、ヤン坊マー坊っすね。
d0088392_20312483.jpg

若者、オジキの息子でした。つまり義理の従兄弟。
まだ中学生ですが仕込まれちう。
仕上げに手作業でダイス使ってネジ切ってます。
d0088392_20341043.jpg

プロペラ付くかチェック。
d0088392_20351666.jpg

駆動力伝達するジョイント部もくわえタバコでちょちょいのちょい。
d0088392_20365429.jpg

ボクは見た目で溶接の良し悪しワカらんのですが、御参考まで。
d0088392_2038541.jpg

ついでに溶接機も。
d0088392_20383870.jpg

軸の偏心なんか作業所の土間に溶接棒立ててチェックしちゃいます。
溶接棒?百貨店ですから当然、当店にもあります。10本4千ドン(20円)だったかな?
d0088392_20411842.jpg

お、いよいよ完成っすね。
d0088392_2045075.jpg

d0088392_20442781.jpg

水路に面していた頃にはこの設備使って舟に積み込んだりしていましたが、
今では子供がぶら下がって遊んでます。
d0088392_20461100.jpg


故障したら?
ご自分で修理おできになる方は当百貨店にご用命下さい。
はい、いらっしゃいまし。
d0088392_2048413.jpg

ピストン?ガスケット?それともボア径かえてみる?なんなりと。
d0088392_20503167.jpg

はい、ランボー様、御用達ぃぃ
2枚羽、3枚羽、いろいろあります。
d0088392_20531588.jpg

値段?
訊かないほ~がいいっすよ。
アルミ鋳造+加工品。
一つ8千ドン(40円)から50千ドン(250円)くらいまで。

ということで、本日は当店の委託加工部門と姉妹店の造船部門を広報係がお送りしました。
[PR]

# by lagavu | 2010-01-05 21:02